Re.ギャラリーletter
仙台市泉区南中山にあるリフォーム専門店「ファミリ工房東北」の女性スタッフによるブログです。おうちでの生活を楽しむヒントをご一緒に探してみませんか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尺とメートル
こんにちは。営業担当大谷です。

早速ですが、下の写真、私達の業種では最低一人一個所有が半ば義務!?の様になってます。
メジャー(通称スケール)です。
suke-ru.jpg


ピンボケ写真なのはご容赦頂いたとして^^;上下に別々に数字が書かれていますね。
上の数字が尺、下がメートルです。
私アラフォー世代はもちろん幼少期から慣れ親しんでるのは「メートル」ですね。
逆に尺が普通だ!とおっしゃる方は大先輩とお見受けします(笑)。

ですが、私たちの業界では尺が一般的に使われていますね。現在は公的な取引に
尺貫法を用いるのは禁止されているのですが、今でも建材メーカーなどもこの尺サイズを基準に
ミリメートル単位で製品を作っています。

私も20歳位の頃、当時務めていた会社の先輩と金物屋さんに買い物に
行った際に半ば無理やりに「尺、メートル」が混在するスケールを購入させられたの
ですが、当時はメートルばかりで採寸してました。

ところが職人さんと接していると、メートルで話すと「この素人が!」みたいな
感じになるわけです。
極端にいうと日本語と英語で会話してる状態(大げさ?)。

共通言語じゃないので当然に打ち合わせもギクシャクします。
そこで我慢しながら一生懸命に尺をマスターしました(笑)。

最初は1尺(303ミリ)から覚えて6尺=1間(1,818ミリ)という風になって
良く使われる畳の短い方向が3尺=909ミリてな感じです。

2年くらい辛抱強く使っていると現場でも自然と尺や間で会話が出来るようになり
やっと職人さんとスムーズに打ち合わせ出来る様になりました。

余談ですが、この尺、実はフィートとほとんど同じなんですね。
ツーバイフォーの住宅に携わるとこのフィートが登場するんです。

ある日気がついたのが尺=303ミリでフィートは304.8ミリでほぼ一緒なんです。
これは一説によると足の大きさから両方とも来てるみたいですね。

今も各国古来からの独自の単位が残ってる国は沢山有る様ですが、先陣達の生活の知恵から
生まれた単位なのでとても生活に馴染み易いのかもしれません。

ではまた。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://regallery.blog93.fc2.com/tb.php/635-cad57be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

regallery

Author:regallery
Re.ギャラリーletterでは、「お家」を通じて皆さんの生活が楽しくなるヒントがお届けできれば…と思っております★



カテゴリー



ブログ内検索



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。